Class

算数のテスト
小1~小4 ⼩学校 低学年

算数/数学は、ここからはじまる
読解力の育成を早い段階で

指導教科算数/漢字/TERRACE(速読)
【算数】小学生低学年の算数は、計算・図形・数量の基本をしっかり押さえることを重視していきます。
ここでつまずいてしまうと、この先の算数の理解に苦しむことになります。早い段階でわからないところを理解し知識を日々着実に積み重ねていくことが重要となります。
【読解力】すべての教科に言えることは、問題の意図や文章の内容を読み解くことからはじまります。何が書かれているのか、何を問われどう答えるのかを正確に掴み、解法の筋道を立てていくことが必要となります。読解力は簡単に身につくものではありません。時間をかけ読解力を鍛えることで総合的な学力の向上に繋げていきます。
算数のテスト
小5~小6 ⼩学校 高学年

高学年算数は、中学数学の原点
小学英語学習はそんなに甘くない

指導教科算数/理科/社会/漢字/TERRACE(速読・速読聴英語)
【算数】小学生高学年の算数は、計算・図形・数量の応用問題、文章問題、公式の活用など、中学数学の準備段階となっています。また、思考力を問われる記述式問題が増え、解法のプロセスを理論立てて説明できるかを試されます。この傾向は、先の中学高校においても問われてきます。学習では試行錯誤をくり返すよう指導し、思考力を自然と鍛えていきます。
【英語】小学生の英語学習が本格化していきます。近い内に中学1、2年で学んでいた単元が小学5、6年で学習することになります。2年間で暗記すべき単語数は700語程度と言われています。小学生の時から、英語に十分慣れておく必要があります。特にリーディングとリスニング2技能の強化を目指していきます。
数学のノート
中1~中3 中学生

思考力、想像力を必要とする数学
英語はReadingとListeningを鍛えろ

指導教科5教科/TERRACE(速読・速読聴英語)
【数学】中学数学は、小学算数の基礎を元に、数学の基本的な考え方を理解し、学んだ知識から必要な要素を選択し組み合わせて解答へ結びつけることが要求されます。柔軟な発想と思考力で、解法のイメージを作ることができるよう指導していきます。
【英語】2021年度、中学生の教科書内容が大幅に変わります。ページ数が増え内容も厚みを増してきます。これからは長文読解問題を中心にリスニング問題の難化・点数配分の増加がはじまるので、リーディングとリスニング2技能の強化育成を指導していきます。
英文が書かれたプリント
高1~高3 高校生

大学受験を想定するなら、
長文を速く正確に読み解くことが先決

指導教科TERRACE(速読・速読聴英語)
2021年大学入学共通テストで、英語はリスニング配点に関し増加することが注目されていましたが、リーディングでも発音や文法などの問題は廃止され、全て読解問題になりました。長文語数はおよそ5500語(高校入試は600〜800語)。読み続ける体力が求められます。また、図表が多いことから情報整理力も問われています。リスニングにおいては、配点の75%が再生回数1回の英文でした。つまり、長文読解と共にリスニング力も計画的に鍛える必要があります。これは、英語に限ったことではなく、国語をはじめ各テストも同じような現象が起きています。長期的な視野で高校1、2年のうちに読解力やリーディングとリスニングを鍛えることが受験突破のカギとなります。